保険

海外旅行保険

お正月や冬休み、春休み、ゴールデンウィークに夏休みなどの長期の休みになると、家族で海外旅行に行く人もいるのではないでしょうか?

海外旅行保険について

海外へ海外旅行では、長期の休暇をとっていく事が多いですね。イギリスやアメリカなどの旅行などはいいと思いますが、旅先で気になるのが、病気や怪我などが気にかかります。そんなときの補償をしてくれるのが、海外旅行保険です。

海外では、日本ではあり得ない事も常識であることがあります。例えば、日本では救急車は今のところ無料です。だからこそ、迷惑な方が救急車を呼んだりするのですが、それは今回置いとくとして、救急車が有料だったりすることもありますし、アメリカなどの国では、治療費は医師の自由に請求できる(法律により多少の制限があるでしょうが)ので、治療費が日本では信じられないほどの額になることもあるのです。日本では、ポイ捨てするマナーの悪い方もいますが、現在の所これに罰則はありませんが、海外の一部の国では、罰則が科せられることもあるのです。

これらのときに、海外旅行保険に入っていることでカバーされる補償もあるのです。自分が注意していても事件や事故に巻き込まれることもないとは限りません。実際に、日本人が海外の事件に巻き込まれたりすることもありました。もちろん、保険金を受け取るようなことに巻き込まれないことが、最も良いのですが、万一に巻き込まれることもないとは義理ませんので、念のために掛けておくといでしょう。

補償される事

今度は海外旅行保険で、補償される事についてお教えいたします。

まず、旅先での「病気や怪我」、それによる「死亡、後遺症」も補償されます。昔、小学校での遠足で、「家に帰るまでが遠足」と言われたこともあるでしょう。これと同じように海外旅行保険では、旅先だけででなく、出発当日に家を出てから、帰国して家に入るまでという保険もあります。つまり、家に帰る途中での病気や怪我も保障してくれるのです。

人にケガさせた場合や物を壊してしまった場合など「賠償責任」を要求されますが、これも、補償されることが多いようです。あと、旅先での「盗難」などもそれに含まれます。「入院」や荷物が届かないなどの「航空機寄託手荷物遅延費用」や「航空機が出発しない」場合の宿泊費と飲食費、また、自分の家の空き巣、急に日本に帰ル事になった場合などの金額も保証されます。

加入する補償は?

補償は、万一に対する、いわゆる「念のため」ですので、充分な補償を行ってくれるプランを選択しましょう。

補償される金額は、故意でなくてもしっかり金額を取られます。つまり、「わざとじゃない」という場合でも、損害賠償は請求されることがほとんどです。また、病気やケガによる入院や手術が必要になった場合でも、高額な費用が取られます。日本では数十万円で行える手術でも、海外では数百万円なんて所もあります。場合によっては、1000万円を超えたケースもあるようですので、補償される金額は少なくとも5000万円以上、できれば1億円以上を最低ラインとした方がいいかもしれません。

日本へ帰国した場合は、キャッシュカードやカードによる預金の引き出しができますし、最悪、家族に電話して助けてもらえるかもしれませんが、海外先で荷物が届かないと、すごく困ってしまいます。そんな状況も予想して、「寄託手荷物補償」もしておくことをオススメします。手違いが起きて、手荷物が来るまで数日あるなどの問題が起きた場合に、日用品をそろえる必要が出てきますが、その日用品を購入した際に補償されるので、とても実用性が高く、便利な保険です。

その他、あなたに必要な保健があるでしょうから、必要な保険を選択して、海外旅行保険のプランを決定しましょう。

Favorite

粉末茶
http://www.matsudaen.com/